人の格言 ... PM 8時52分56秒

少し前に偶然知り合えた女性がいて、なんどかやりとりしているうちに私がぼんやり見ている知らない人のブログの本人と知り合いだった事があって。
その時私は彼女に
「世界って狭いですね」
とメールを送った。
そうしたら彼女は
「世界が狭いんじゃなくって私たちってけっこう大きいのかも!」
と返事をくれました。

私はびっくりして、
関心して、
とても嬉しくなって、
こういう人間になりたいと思いました。
精神的に閉鎖していた時期で、よし、どんどん出会っていこう。
とそう思えた一言だった。
彼女は絵を描く方で、絵の内容からというより、作品自体から強い力が出ていてまた関心したのだった。

人の縁ほど計算できないものはないですね。

今朝、現在事情があって疎遠になっている友達に思いをはせた。
また笑顔で話を聞きに行ける時を待っている。
早く良いリズムが彼女のもとに訪れるよう願う。

ピタ ... AM 3時18分23秒

正しく生きるのと

正直に生きるのは違うことで

ましてや正直さなんていうのはそれこそ緩急つきまくりの形のないアメーバみたいな概念であって、あたかも潔く生きることを盛り立ててる言葉のように使われるけれど、それは都合の良い勘違いで、正直さは私たちをただただ翻弄する信用できない作用です。


一時的な感情の高ぶりで目の前の簡単な好奇心を掴んだり、逆に、不思議なほど冷静に苦に満ちた道を選んだりするのである。


であるのであーる。


いやほんとに
外に出ない限り雨には打たれないわけで。
だけれどいまそこにまさに
いまそこにまさに
新しい雨が降っている

Copyright (c) 2007 -  Shoko Eida. All rights reserved.